集約文理コース・Ⅱ類 教員・卒業生インタビュー特集集約文理コース・Ⅱ類 教員・卒業生インタビュー特集

Pick up Interview

教員インタビュー

谷田 篤弘先生

国語科 教諭

兵庫県生まれ。大学での専攻は国文学。兵庫県内の公立中、私立中高一貫校の講師を経て、2006年に履正社高校に入職。2020年度は集約文理コースⅡ類2年生の担任をつとめている

一生のつながりができていく。

――教員を目指したきっかけについて教えてください。

「中学時代の国語の先生に憧れたことがきっかけです。自身で書の個展を開いたり、中国語を話したりする方で、卒業後もずっと交流をさせていただいていて。その先生の影響で、高校を出る頃にはもう国語の教員が将来の選択肢に入っていました。大学も国文学系を中心に受験しました」

――実際に国語科の教員になってみて、どんなことを感じましたか。

「たまに、国語は日本語だから何とかなるだろうと思っている生徒がいるのですが(笑)、そういうわけではないということを時間をかけて教えていくことが、大変でもあり、喜びでもあります」

――日本語を扱うスキルを磨くことは、とても大切ですね。理系であっても、論文の読み書きに必須です。

「そうですね。国語は文章を扱う、読むための教科ですので、他のすべての教科にも影響を与える重要な教科です。昨今は大学でも理系と融合したような学び方が増えてきていると思いますので、現代文を扱う中でも、科学の話や自然環境の話を意識的に取り入れているところです」

3つの中から自主的に選ぶ権利。

――教師になって最も嬉しいことは?

「卒業後に『先生に教えてもらえてよかった』とか、『先生のおかげで合格できました』と言ってもらえると、自分のやり方は間違いではなかったのかな、と少し自信になります。私自身が経験したように、卒業してからも折にふれて接している教え子もいますので、そういった一生のつながりができていくのはとても嬉しいことです。一人でも多くの生徒の将来に、少しでも役に立ちたいと思っています」

――Ⅱ類ならではの強みを教えてください。

「Ⅱ類は、放課後の選択肢が一番多いです。生徒は『選べる課外活動』、『放課後進学講座』、『帰宅研修』の3つの中から、自分に必要なものは何か考えた上で、自主的に選ぶ権利を与えられています。課外活動では学年を越えたタテのつながり、学校の外を含めたヨコのつながりの中で色んな経験ができますので、そのあたりの自由度が高いことが特徴ではないでしょうか」

――どんな生徒に入学してほしいですか?

「将来を見据えた上での『選ぶ力』を持った生徒です。そんな生徒さんなら、この類の強みを十分活かしていけると思います」

卒業生インタビュー

Ⅱ類 2020年卒業
井出崎 菜央さん

近畿大学 文芸学部 入学

豊中市立第十七中学校出身

毎日続けることで大きな成果が。

――大学合格おめでとうございます。志望校を近畿大学一本に絞っていたそうですが、なぜそうしたのでしょうか。

「兄と姉が近畿大学に通っていたので、学校をよく知っていたのが一番です。図書館や自習室などの施設が魅力的で、自分の学びたい芸術分野の勉強が専攻できることも重要でした」

――将来の自分の職業のイメージはありますか?

「まだ決めていませんが、今は学芸員か、本や小説をよく読むので図書館の司書になれればいいなと思っています。中学時代は美術部に入っていて、絵を描くのが好きでした。大学ではデッサンを基礎から学びたいです」

――どんな絵を描いていたんですか?

「色鉛筆で、動物や風景の写真を模写していました。コンクールに応募し、グランプリをいただいたことがあります」

――履正社での高校生活で印象に残っていることを教えてください。

「やっぱり勉強する習慣が身についたことです。私は中学時代、あまり勉強に打ち込むタイプではなかったんですが、毎日着実に続けることで大きな成果が生まれるんだと実感しました。成績は3年間ずっと伸び続けて、苦手だった国語も偏差値が20近く上がりました。あとは北海道への修学旅行で食べた、いくら丼の美味しさが忘れられません」

個人的な履正社のおすすめポイント。

――先生に言われたことで、覚えている言葉はありますか。

「3年生になって、担任の先生に『コツコツ頑張ってきたね』と懇談で褒められたのが嬉しかったです。力がついてきたのかな、と少し自信になりました」

――とはいえ受験勉強は大変ではなかったですか?

「私はつらくはなかったです。勉強の時間は長かったですが、もし他の高校に通っていたら、受験勉強に本腰を入れるのは3年になってからだったと思うんです。履正社では1年からしっかり学ぶので、常に前進することができましたし、無理がなかったと思います」

――これから入学する後輩に、履正社のおすすめポイントを紹介してください。

「勉強に集中できることと、個人的には、校舎が新しいことです。教室やトイレがきれいなので、学校でぜひ確かめてみてください」