GREETING

校長 挨拶

HIGH SCHOOL

高等学校 校長挨拶

理事長 釜谷 等

履正社高等学校 校長
松本 透

TORU MATSUMOTO

「生徒が主役」の学校です。

2022 年、履正社高校の学びが新しく、大きく変わります。私たちがめざす のは「学びを楽しめる生徒をつくる」ことです。
 今は、社会に出ても答えのないことの方が多い時代です。詰め込んだ知識だ けでは、一定のパターンが決まった問題は解けるでしょう。しかし、新しく導 入された大学入学共通テストのように、思考力や判断力が求められる問題を前 にすると、主体性のない勉強をしてきた生徒ほど立ち往生してしまいます。
 これからの時代を乗りきるために必要なことが、何より学習に主体的に向か う態度、すなわち「学びを楽しむ」力なのです。
 履正社高校には、その力を育むための取組みが一杯あります。
 そして何より履正社は、生徒の皆さんが主役の学校です。学校行事、部活動、生徒会活動、そして授業など、すべての場面で皆さんが主役です。履正社高校という舞台で、主役の皆さんが大活躍をしてくれることを楽しみにしております。

JUNIOR HIGH SCHOOL

中学校 校長挨拶

理事長 釜谷 等

履正社学園豊中中学校 校長
森田 靖志

YASUSHI MORITA

「多様性の時代」のニーズに応えて。

 本校の歴史は、時代のニーズに応えてきた挑戦の歴史でもあります。
「多様性の時代」と言われている現在では、一つの価値観だけで学校を選ぶということは困難なことだと思います。
 本校には「難関校に合格したい」という目標以外に、「いじめのない学校生活を送りたい」とか、「学校行事などで、他ではできない経験をしたい」という思いを抱いて入学してくる生徒も数多くいます。
 学園は、その生徒一人ひとりの思いに対して、習熟度別・志望校別の授業をしたり、放課後の進学講座・教科指導をしたりすることで学力向上に努めるとともに、生徒から希望のあった多種多様なクラブを創設して、活動をしています。
 また、個別指導も常日頃からおこなっているため、生徒懇談室にはほとんど空きがありません。特に始業前の職員室は多くの生徒で一杯です。質問をする生徒、宿題忘れで指導を受ける生徒、進路について相談する生徒。それぞれの生徒に、教職員が真摯に対応する。一見当たり前のように見えますが、この積み重ねが今日の学園の礎となっています。
「多様性の時代」だからこそ、履正社学園豊中中学校を選んでいただけることを切に願っています。あなたの成長のために、しっかりと教育をします。

TOP