目指すはただ一つ。超難関国公立大学への現役合格。

京大・阪大・神大に特化した超難関国公立大学コース

自分が伸びる学習スタイルを自由に選択し、3年後に結果を出す。
超難関国公立大学を志望する生徒のみが在籍するコース。毎日の早朝15分間テストに始まり、1日7時限の濃密かつハイレベルな指導を行います。(1・2年生は週1日6時限)放課後は、履正社の100分間放課後進学講座や復習・演習講座を受講するもよし、下校して外部学習施設等で勉強するのもよし、“選べる課外活動”としてクラブ活動への参加も可能(週1回)と、選択肢は様々。自分が最も伸びる時間の過ごし方を選び、大学入試改革の命題でもある思考力・判断力・表現力を高校生活を通して身につけながら志望校現役合格を目指します。

放課後の過ごし方〜組み合わせはあなた次第で自由に〜

タイプ別1週間のモデルケース

※“選べる課題活動”の実施曜日は変更する場合もあります。

1日の流れ

早朝15分間テストから始まり、1日7時限の濃密かつハイレベルな指導。
放課後の選択肢は様々で、自分が最も伸びる過ごし方を自由に選ぶことができます。

8:15~ 8:30 早朝15分間テスト
8:40~ 9:30 1時限
9:40~10:30 2時限
10:40~11:30 3時限
11:40~12:30 4時限
昼休み
13:15~14:05 5時限
14:15~15:05 6時限
全校一斉清掃
15:35~16:25 7時限

※土曜日は5時限まで

※教育課程は集約文理コース・Ⅰ類に準拠します。

放課後

7時限後:下校【週6日】

自己研鑽で学力の向上を図ります。

7時限後:100分間放課後進学講座で受験対策【1・2年生 週5日 / 3年生 週6日】

履正社独自のノウハウが詰まった進学講座では、超難関国公立大学への受験対策が受けられます。参加は必修ではありませんが、毎日開講しています。

※「下校」または「100分間放課後進学講座」を自由に選択

清掃後:選べる課外活動【1・2年生 週1日】

①復習・演習講座、②クラブ活動、③帰宅研修から自由に選択できます。

放課後進学講座

Q&A

  • Q1S類にはどうやって志望すればよいのでしょうか?

    受験時に第1希望にS類を志願してください。入学者入試成績上位約30名が在籍する最難関類です。

  • Q2S類のカリキュラムはどんなものですか?

    基本的にはⅠ類のカリキュラムに基づきます。しかし超難関国公立大学を目指す学生のみが在籍するため、自ずと授業のテンポや深みは他の類とは異なってきます。

  • Q3S類で合格すれば、卒業まで在籍できるのでしょうか?

    1年次末・2年次末の時点でS類にふさわしい学力・資質を維持できていない場合は他類へ移籍していただくこととなります。放課後の学校生活は移籍先類のシステムに従っていただきます。

  • Q4S類に在籍し続けるには?

    ふさわしい学力・資質を維持し続けるのはもちろん、超難関国公立大学を志望し続ける意思が極めて重要です。大学入試改革でも指摘されている“自分で考え学ぶ力”を育てましょう。