高校

2021.11 UPDATE

2022年度高校入学試験 感染性疾病罹患者への対応(救済)に関して

2022年度入試におきましても、インフルエンザ・新型コロナウイルス等の感染症による入学試験への影響が生じる可能性があると考えられます。
つきましては、感染性疾病罹患者への対応と致しまして、下記の通りお知らせします。

■ 試験日程

・筆記試験:2022年2月10日(木)
・面接試験:実施せず

■ 対応内容

① 罹患しているが受験は可能な場合
・必ず事前連絡(保護者から本校へ)を必要とします。
・マスク着用の上、別室での受験とします。

② 受験生本人は罹患していないが、濃厚感染の疑いがある場合
・濃厚感染とは、次に該当する者をいいます。
 感染性疾病による学級閉鎖中、学年閉鎖中のクラス、学年に在籍又は家族に感染性疾病発症者がいる
・体調に特段問題が無ければ、マスク着用の上、一般受験を認めます。
・万一の体調急変に備えて、別室受験(罹患者別室受験室とは別とします)を希望する場合は、必ず事前連絡(保護者から本校へ)を必要とします。この場合も受験はマスク着用とします。

③ 罹患して受験が無理な場合
・必ず事前連絡(中学校から)を必要とします。
・診断書の提出は不要です。
・後日、筆記試験を行います。→ 2月14日(月)に実施、詳細は追って連絡します。

④ 新型コロナ感染者、濃厚接触者の場合
・各受験生の状況に応じて、ご相談の上、個別に対応予定(中学校よりご連絡をお願いします)。
・診断書の提出は不要です。

■ ③又は④にて後日受験される場合

・既にお支払い頂きました受験料を振り替えますので、改めての支払いは不要です。
・出願時に選択頂きました受験型と同条件で試験を行いますので、不利益は生じません。
・出願時の受験票を持参してください。

以上

TOP