ニュース

保護者の皆様へ 大雨警報の取扱いについて

保護者の皆様へ
大雨警報の取扱いについて、下記内容のプリントを生徒を通して配布いたしておりますので、ご確認ください。よろしくお願いいたします。


履正社高等学校
保護者の皆様
履正社高等学校
校長 小森 重喜
大雨警報の取扱いについて

 時下、保護者の皆様方におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 平素は本校の教育活動にご理解とご協力を賜り、感謝申し上げます。
 さて、標題の件ですが、6月18日(月)の午前8時前に大阪北部を震源とする震度6弱の地震が発生しました。本校では幸いにも生徒諸君には特段の被害は出ておりませんが、痛ましいニュースも連日報道されております。また、大阪北部を中心とする広範囲の地域には地盤の緩みが認められ、引き続き注意を要するとの報道も気象庁より出されております。一方、府の教育振興室長名で府立学校校長に対し、上記の広範囲に及ぶ地盤の緩みを考慮し、大雨警報が発令されれば暴風警報と同等の扱いとし、休校等の適切な措置を講じ生徒の安全を確保するようにとの通達も6月19日付で出されております。
 本校も6月19日付の校長名で、保護者の皆様に地震対応による臨時休校のお知らせを差し上げた際、再度の地震で臨時休校の措置をとる場合があることのご理解をお願い致しましたが、大阪北部より通学する生徒も大勢在籍しておりますことから、本格的な台風シーズンを前に、本日から本年度の10月末日までの期間限定と致しますが、大雨警報が発令されれば暴風警報と同等の扱いとし、生徒の身の安全を第一に対応をしたいと考えます。
 尚、解除になった場合の対応や、休校の判断は、生徒手帳に明記されている学校ルールに準じて頂ければ結構です。また、生徒の身の安全を第一に、居住区の状況から保護者の皆様のご判断を優先して頂く場合も出てくると思いますが、その際は学校までご一報頂ければ幸いです。
 以上、ご理解の上、どうぞ宜しくお願い申し上げます。